« ・・・・・。 | トップページ | 少し疲れちゃった。 »

2014年6月17日 (火)

・・・・・。

長男のお嫁ちゃんのお腹の赤ちゃん・・・だめでした。

大きな病院も良し悪し

産科の受付の女性も不安でいっぱいのお嫁ちゃんに心遣いのひとつもありません。

3時間は当たり前に待たせ!

お嫁ちゃんの体は元気ですがお腹の赤ちゃんだってひとつの命です。

消えかかってます。

出産予定をしてた病院からの紹介状で判断したのか!?

産科の受付の女性は長い時間待つようになるので

明日の予約を取って明日受診したらどうですか?と言ったそうな

それも、先生が言うならだけど

なんとか小さな命が助からないかと不安な患者に言う事か!

もう、ダメなんだから明日来い!ってことでしょ(-゛-メ)

患者さんも多く事務的になるのも分からなくもないのですが

我が家から車で7分くらいの所にある医療○○ー

娘が救急車で搬送された時も、もう少しで医者に怒鳴るところでした。


明日から入院して陣痛を起こし出産(死産)させるらしいです。


小さいながらに2歳の孫が母さんは泣いてるし

ただ事ではないことを感じて病院の中では笑顔が無くなるので

外に連れ出し

Dsc_0974


お家では食べさせてないアメをなめさせ

Dsc_0978_2



あまぁ~い!

って喜ぶ顔を見てほっとしたり

Dsc_0976

お嫁ちゃんのことを思えば涙が出そうになる。


お嫁ちゃんはお嫁ちゃんのお母さんにおまかせして

私は孫と病院の外で

長い時間なので眠くもなるし

じいじを呼んでイオンにミニカーを買いに行ったり

眠かったのと病院から離れてほっとしたのか

私の腕の中で20分くらい寝てくれておもちゃ売り場で遊んで

カーズのミニカー買って

マックのポテトを買い病院の前のベンチで食べて

Dsc_0980_2

長いポテトで牙をして(o^-^o)


朝早く8時頃から父さんと順番取りに付き合って

診察が終わったのはお昼も過ぎ、1時半をまわってました。

よく頑張りました。

明日から10日間くらい大好きな母さんと離れ離れです。

« ・・・・・。 | トップページ | 少し疲れちゃった。 »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

お腹の赤ちゃん 残念でしたね
心中お察し申し上げます
我が娘も今妊娠6ケ月ですので 他人事とは思えません
妊娠中は 何が有るか分からなく いつも 不安で見守るばかりです
お嫁さん 心に痛み抱えて 長男さんとも暫くは 離れ離れで
精神的にも肉体的にも かなりの ダメージでしょ~
御家族様達で 癒してあげて下さい
病院の 対応は 様々ですが 心を持った対応してほしいですよね~
小さな命 痛いよ~って訴えてるのに そんな対応なんて 無いですよね~
私も昔定期健診5ヶ月で心音聞こえませんって言われ悲しい思いあるのでお嫁さんのお気持ちわかります
一日でも早いご回復お祈り申し上げます

ジンママさんへ~loveletter

ジンママさん、ありがとうございます。
今朝、入院したお嫁ちゃんは少し気持ちが落ち着いてきたようです。
あきらめ、と言うか。。。もう、産んであげるしかないと考えられるようになったようにみえました。

こんなふうになって友達に話をすると知り合いも7ヶ月でとか出産の時に
など~~多いんだと感じました。
今日で6ヶ月に入る予定でした。
なのでベビー服を見ても
こんなの可愛いね~って長男夫婦が嬉しそうに話していました・・・。
お腹の赤ちゃんはちょっと体が弱かったので強い体で
お母さんのお腹に帰って来てくれるとお嫁ちゃんに話しました。

ジンママさん、孫が増えるって嬉しいですよね。
息子達が結婚した時も家族が広がっていく~
孫が生まれると性格もそれぞれでおもしろいです
お嬢さん、秋の出産で良い季節
寒くなる頃はしっかりしてきて育てやすいかも(*^-^)


そっかぁ~~
残念・・・
お嫁さん辛いね・・・

小さいながらにお母さんに大変な事が怒ってるのが解るんだね~

しばらくは大変だけどきっと時間が解決してくれることを
願っています。

ぽんぽこりんさんへ~~loveletter

ぽんぽこりんさん、ありがとう。
お腹の赤ちゃんの微かな動きが大きくなってるな~
今日も元気に動いてるって幸せを感じてたのに
動いてないかも!?と不安が大きくなって現実となったとき
何も悪くないのに自分を責めてるお嫁ちゃんを見てると可哀そうで

出産と同じに陣痛誘発剤を使って陣痛の苦しみの後それ以上の悲しみが待ってるって可哀そう。
でも、息子のために強くならないといけないの!
いつまでも泣いていられないの
我慢してる息子のために笑顔をみせてあげないといけないのよ。

悲しい出来事でしたね。
みんなで、乗り越えて行けますように…。


私はとうとう恵まれることは無かったんだけど、産婦人科病院の辛い現実を感じてしまったひとりです。

妹もお嫁さんと同じ経験をし、付き添っていた私もキレる寸前でした。
そして悲しすぎる出産…。

今では妹も二人の男の子に振り回されて毎日ガチャガチャ忙しそうにしてますが…ね。

お母さんになれなかった子もお腹の大きくなったお母さんも、同じ待合室で…なんて。
もう少し思いやりを!と、すごく感じてました。

愚痴になっちゃったけど、また笑顔の似合うニュースが舞い込んできますように…☆

ぴろぴろさんへ~loveletter
妹さんも辛い思いをしたんですね。

病院側とすればすごい数の患者さん相手で何千分の一で事務的にならざるを得ないのかもしれないけど
思いやりが必要な科があるのと思うのよ~
今日、出産したのも分娩室ではなくて処置室みたいだったの
おめでとう~って生まれる所と分けてるみたいだった。
産んだ後は葬儀屋さんが病院につめてるのでいろいろ相談だって
なんだか、すべてにえぇ~~って感じよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・・・・・。 | トップページ | 少し疲れちゃった。 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひめとはな

  • 2012年の春も・・・。
    まるで親子みたい。 仲良しのひめとはな
無料ブログはココログ